2018年2月19日月曜日

キックボクシングのコンビネーション紹介3

愛知県名古屋市 各所で格闘技(キックボクシング・ボクシング)のレッスン筋力トレーニングのマンツーマンレッスンをしている和田教良です。

今回はキックボクシングのコンビネーションの紹介をします。

キックボクシングコンビネーションの紹介


リズムよく行えたらいいですよね♪
ディフェンスからオフェンスにつなげます!

やり方。

トレーナーがジャブ→パーリング

トレーナーのジャブからスタート。一般的なミット打ちはパンチキックを出す側から始めることが大抵です。このミットコンビネーションはディフェンス能力の向上も図る目的があるのでトレーナーのジャブから始めます。ミット打ち側はジャブをパーリング(左ジャブを右手で触ることで軌道を変える動作)してディフェンスします。

トレーナーが右フック→ブロッキング

パーリングされたトレーナーが右フックを打ってくるのでミット打ち側はブロッキング(髪の毛をかきあげるイメージで腕で頭を守る。腕を上げるだけだとガードごともっていかれることがあるので体に密着させます)でディフェンス。

トレーナーが左フック→ブロッキング→左アッパー

ブロッキングされたトレーナーが左フックを矢継ぎ早に繰り出してくるのでそれもブロッキングでディフェンス。このときのディフェンスは左フックを受けたらその勢いを柳に風で受け流して左アッパーのためを作ります。ためをつくったら左アッパー!実戦だと相手のアゴを狙い一直線に突き上げます。攻撃している最中なのでガードが甘くなりがちです。なのでヒットしやすい。

ミット打ち左アッパー→右ストレート→トレーナー左フック→ダッキングで避わして右ストレート

左アッパーで相手をのけ反らせたところをすぐさま右ストレートで追撃です。アゴが跳ね上がっているところに右のパンチが当たるので大ダメージを与えることができます。左アッパー右ストレートがクリーンヒットしていたら反撃を受ける確率は低くはありますが念のためにダッキングの動作で左パンチをよけます。自分の右側に抜けるので相手の右パンチを被弾する恐れは少ないです。右側に抜けたときに少しで良いので骨盤を動かしておいて右のパンチを打つための溜めを作り出しておきます。
左フックをからぶった相手に対して右ストレート!これでこのコンビネーションは出来上がりです♪

キックボクシングのコンビネーション紹介2


吹上駅2番出口すぐ。GEOのビル4Fで早朝6:30からパーソナルトレーニングを受付中!

入会金・月謝無料のガイオジム!ご依頼・ご予約お待ちしています。
Twitter  メール  LINE

受けたいトレーニングを選んで予約!




2018年2月17日土曜日

キックボクシングのコンビネーション紹介2

愛知県名古屋市 各所で格闘技(キックボクシング・ボクシング)のレッスン筋力トレーニングのマンツーマンレッスンをしている和田教良です。

今回はキックボクシングのコンビネーションの紹介をします。


キックボクシングコンビネーションのやり方



ワンツー

ワンツーを打ちます。このときのワンツーは半歩前に踏み込んで相手のアゴと自分の右肩が一直線のラインになるようにセットアップします。ここで半歩踏み込まずにまっすぐに踏み込んでしまうと相手のカウンターパンチを被弾する確率が高くなってしまうことと、自分のパンチが相手のガードに阻まれてヒットしにくいです。半歩でいいので斜め前に踏み出すことを心掛けます。
ここでのワンツーは倒しにいくパンチではないのでフルでは打ちません。

左フック

今回一番大事なのがここでの左フック。左フックを打ちつつ自分の右側にシフトウェイトします。真横に移動です。
手打ちで構いません。むしと手打ちで打って下さい。腰を入れて打つと次の左のパンチを打つときに体の捻りを戻してから打つ必要が生じてくるので動作が多くなってしまいます。ですので手打ちで移動です。体重移動と合わせて当てるので手打ちでもアゴにひっかけたら十分効きます。

左アッパー

左フックで腰を入れていないからこそ左アッパーがスムーズに打てます。左アッパーは骨盤の回転を存分に利用して打ちます。
右足の母指球で地面を蹴り込んでアゴめがけて左アッパー

右ストレート

左アッパーと交換で右のストレート。返しがスムーズだと威力も高いです。
GIFではしていませんが右のパンチを打ったら相手の左フックの返しをディフェンスする目的でダッキングの動作も混ぜるとより効果的です。ダッキングの際は蹴りがある競技ですのでヒザ蹴りに気をつけましょう。

キックボクシングのコンビネーション紹介3


吹上駅2番出口すぐ。GEOのビル4Fで早朝6:30からパーソナルトレーニングを受付中!

入会金・月謝無料のガイオジム!ご依頼・ご予約お待ちしています。
Twitter  メール  LINE

受けたいトレーニングを選んで予約!



2018年2月16日金曜日

打撃系初心者を強くするトレーニング

愛知県名古屋市 各所で格闘技(キックボクシング・ボクシング)のレッスン筋力トレーニングのマンツーマンレッスンをしている和田教良です。

キックボクシングボクシングといった打撃系競技の初心者が強くなるために最初にやっておくといい練習を書きます。

ステップ/フットワーク


オフェンスやディフェンス方法より先ずはステップワーク/フットワークの習得を優先するのをオススメです。

前後の出入り、左右へのステップで相手の攻撃を外す、またはオフェンスにつなげることにもなります。前後左右のステップを刻めるようになったら次はボクシングのターン。ターンはコーナーや袋小路に追い込まれたときに身体を入れ替える動作として活用できます。

アラカルトですり足で移動することや、伝統空手の前後の出入りも同時に習得できればなおベストですね。

オフェンスとディフェンス


日本では最初にワンツーを基本として教えるところがほとんどです。しかし、海外ではまず前手のパンチをマスターしてからでないと奥手のパンチを指導しない国もあるのでその土地その土地によって基本が変わります。

オフェンスはワンツーと前蹴り。縦の攻撃を軸に横や下からの打撃を枝付けしていくことをオススメします。

ワンツーと一言でいっても色んな打ち方があります。例えばワンツーでワンをタイミングを外してツーだけ当てる、ワンをボディーに当ててツーを顔面に、ツーをジャブ代わりに先に打ってワンを強く当てる・・・といったバリエーションがあります。

キックは前蹴り。空手やキックボクシング、拳法と流派の数だけやり方があるので一概には言えませんが前蹴りヒザ蹴りミドルキックが途中までは一緒なので前蹴りを先に会得してもらうと便利です。前進をストッピングするための前蹴り、効かすことがメインの前蹴り、顔面、腹、足への前蹴りと打ち分けといった手段があります。

人によっては右ローキック、左ミドルが大事といった考え方もあります。なのであくまで和田はそう思うだけなので悪しからずです。

ディフェンスはブロッキングを中心に練習して個々の身体的特徴や能力によって様々なやり方を習得。
つねに足を止めないで打つことを意識です。足を止めないことはディフェンスにもなりますので。

オフェンスよりディフェンス3・7の割合で。


雑感

はじめのほうにステップだけ何か月も練習するのは面白みが欠けるから続けるのが苦になって辞めてしまうと思う。
ステップ、フットワークが軽やかに刻めるようになったら後々困らないです。



吹上駅2番出口すぐ。GEOのビル4Fで早朝6:30からパーソナルトレーニングを受付中!

入会金・月謝無料のガイオジム!ご依頼・ご予約お待ちしています。
Twitter  メール  LINE

受けたいトレーニングを選んで予約!